Skip to Content

Uncategorized

五箇伝について

12月 4, 2020 • admin

日本刀はその作られた地域によって、「大和伝」「山城伝」「備前伝」「相州伝」「美濃伝」に分類されます。
大和伝は平安時代前期以降、大和地方(奈良県)で発生した刀匠集団による伝法。寺院のお抱え鍛冶として門前に居を構え、僧兵(そうへい…武装した僧侶)の武器として、実用本位の日本刀を作製した。無銘のものが多いのが特徴。
姿は反りの中心が刀身の中央にある「輪反り(わぞり)」が雄大につき、鏑が高く、鏑幅が広い。地肌(じはだ)は柾目(まさめ)肌を交える。刃文は直刃(すぐは)を基調とし、刃縁(はぶち)に金筋、砂流しなどさまざまな働きが現れる。帽子は掃き掛けて浅く返るか、焼き詰めとなることが多い。

Categories: Uncategorized

刀と馬は並みが良し

11月 4, 2020 • admin

戦国の世の武士たちは自分好みの刀剣を振りかざしていたというようなイメージがありますが、実際にはこのような戦いの場で高価な刀を使うことは稀であったようです。刀に限らず高価な馬なども戦場で怪我をするのではないかなどといった心配から、戦いに集中できなくなってしまう兵士たちもいたようです。刀も同じように高価な刀を手に入れてしまうと、どうしても傷をつけたくないという思いから、刀を抜いて試し切りするようなことも控えてしまうようになり、良い刀を手にすると剣の腕が鈍るなどとも言われていたそうです。さらには人々が集まる場所などで多くの武士たちが刀を一箇所にまとめて置くような場合、お互いにどれが自分の刀であったか見分けがつかなくなり、他人の物と取り違えてしまうというようなことも少なくなかったようです。専門家たちの述べるところによりますと名刀などと呼ばれる日本刀は、実際に戦場などでは使われなかったのではないかと考えられているようです。

Categories: Uncategorized

独眼竜と不動明王の剣

10月 6, 2020 • admin
不動明を生涯、崇めた伊達政宗の刀として知られる「大倶利伽羅(おおくりから)」は、サンスクリット語で竜王の名を表すのだそうです。 「倶利伽羅剣」は、不動明王が手にした剣であり、この剣をもって竜王を倒したと伝えられているそうです。「独眼竜」の名で知られる伊達政宗は、幼い頃病によって片目を失ってしまったことにより、自分自身が醜い容姿をしていることを恥じながら暮らしていたそうです。ある日、お寺の不動明王を目にした時に、お寺の住職から不動明王は慈悲深い仏様であることを知らされます。不動明王は、仏の道に背く悪人を懲らしめるために邪悪な心を憎むように、あのようなしかめっ面をしているのだというような説法を聞いたのだそうです。 不正義なものには厳しく接し、 善人には優しく接する不動明王のようにありたいものだと、幼い頃の伊達政宗は、自分の容姿の醜さを慰めるように、不動明王の生き方を自分自身に重ねていたというような逸話が残されているようです。天下統一を成し遂げるために歴史上にその存在感を放った伊達政宗が手にしていた日本刀には、不動明王が手にしていた剣の名である「倶利伽羅」が刻まれています。幼い頃の志が、正宗の剣として世の中の不正義を成敗していたのかもしれません。現代においてもその 英雄ぶりが伝えられる伊達政宗に、最もふさわしい名前の件であるかもしれませんね。幼い頃に抱いた不動明王への憧れと志を持った剣として、ファンの間では人気が高いようです。皆さんにも、幼い頃の志を反映した愛着のあるものはありますか。
Categories: Uncategorized

刀剣の反りの具合

8月 18, 2020 • admin

古墳時代などにおいては、直刀などが古墳などから出土しているようです。このような発見から、当時に日本で作られていた主な刀剣は直刀であったのではないかと考えられています。時代とともに、直刀に「反り」が入ったような「太刀」が出現んしてきます。この「反り」の角度などによって、また様々な呼び名がつけられているようです。刀剣のスタイルの変化は、時代における人々のニーズに大きく反映されているようです。刀剣の形の変化を読み解くことで、その時代の人々の暮らしや、暮らしぶりを垣間見るようなこともあるようです。「先反り(さきぞり)」「腰反り」「輪反り」などが、その反りの角田などからついた名称であるようです。刀工が鍛錬を繰り返す中でも、最終的に完成される刀剣の刀身の形を思い浮かべることが出来ることが、刀づくりの修行において重要な工程ともなるようです。反りには、流行もあるようですが、刀工の個性やセンスも表現されているようです。

Categories: Uncategorized

加賀国の有平

8月 6, 2020 • admin

有平という日本刀の刀工は、江戸時代前期の加賀国の人だそうです。初代兼若の次男だそうです。在吉というのは、江戸時代前期の山城国の人だそうです。堀川國廣の門人だそうです。國廣が京堀川に定住する以前からの古参の門人なのでそうです。國廣の諸国流浪に随伴した可能性もあるそうです。家重というのは、江戸時代初期の加賀国の人だそうです。陀羅尼派。江戸時代前期の家重は、寛文元年に伊豫大掾を受領したそうです。勝國と改銘したそうです。家忠というのは、江戸時代前期の加賀国の人だそうです。陀羅尼家重の叔父だそうです。加賀国随一の名工と呼ばれているそうです。江戸時代後期、加賀国の家忠は、須崎四郎兵衛家平の子供だそうです。兄吉兵衛國平の養子となったそうですが、國平に実子が生まれて、家忠の名跡を継承して独立したそうです。一法というのは、江戸時代前期の山城国の人だそうです。日置市之丞。対馬守常光の父だそうです。本国は近江蒲生郡石堂村の人だそうです。江戸に出て、華麗な丁子乱刃を焼き、江戸石堂と呼ばれているそうです。一峯というのは、江戸時代前期の近江国の人だそうです。近江石堂。一峯初代だそうです。遺作は稀有だそうです。一峯二代の一峯は、一峯初代の子供だそうです。氏繁というのは、江戸時代後期の播磨国の人だそうです。手柄山氏繁の初代だそです。手柄山正繁二代の父だそうです。晩年は丹霞と号したそうです。手柄山氏繁の二代は手柄山正繁と改名したそうです。氏宣は、江戸時代中期の尾張国の人だそうです。岩捲一門だそうです。本国は美濃国だそうです。尾張に出て、飛騨守氏房の門人となるそうです。「尾州住氏宣」大湾れ刃を得意としたそうです。

Categories: Uncategorized

刀の銘

7月 19, 2020 • admin

平安末期から、茎に銘を刻することは一般化したと言われています。太刀銘は佩表(はきおもて)に刻まれて、刀銘は差表に刻まれることが基本と言われています。ただし、肥前の刀や江戸後期にある刀には、太刀銘を刻むということもあったそうです。作者によって銘の形、太さなどは異なっているため、この銘を子細に見ることで正真性を確かめることもできると言われています。銘にはさまざまな種類があり、大きく分けて10種類あると言われています。1つは作者銘で、刀工の名前を刻したものです。次に紀年銘で、製作をした年記を記したものです。一般的には作者銘の裏側に入れるために、裏銘と言われることもあるそうです。年号に加えて、正確な月日を刻する場合もあるそうですが、多くの場合には焼入れに適した旧暦の二月日、もしくは八月日とされているそうです。所持名はそのまま所持者の名前を表したもので、注文銘は制作依頼者の情報になります。受領名(ずりょうめい)は、江戸時代に刀工が国司に任官されたときに、例えば越前守などと入れたものを指します。名目上では官位になりますが、手続きにおいては正式なものとされていたそうです。折返し銘は、大磨上げを行ったときに、銘を残そうと工夫をして裏面に折り返して嵌入したものを言います。額銘は、大磨上げを行ったとき、銘の部分を短冊形に切り取って、磨上げた茎にはめ込んだものを言います。その形から短冊銘と呼ぶこともあるそうです。朱銘(しゅめい)は、朱漆で書かれた銘を言います。刀の由来や伝承にちなんだものや、はじめから無銘のものに鑑定銘を記したものもあるそうです。他にも金象嵌銘という金象嵌したものや、試しに切ったもの結果を印試し銘などがあります。

Categories: Uncategorized

財の奪い合いと武器

6月 6, 2020 • admin

縄文時代の遺跡などから、石剣や石刀が発見されていますが、人々の暮らしと道具は、とても密接な関係性を築いています。このような道具が武器となるのは、一体いつ頃からであったのでしょうか。一説によると、弥生時代の頃からだと考えられているようです。弥生時代には、稲作が広まったと同時に、大陸から様々な武器が伝わったのではないかなどとも考えられているようです。稲作などによって、農作物が安定するとともに、人々に食物が財として蓄えられることになり、その奪い合いが始まったのではないかなどとも考えられているようです。現代においても、相続や財産の場合などは耳にすることがありますが、当時でもそのような財産の奪い合いによって、武器や様々な道具が生み出されたのではないかなどと考えられているようです。大陸などから伝わった武器などには青銅の鉄などが使用されていたものが出土しているようです。当時の遺跡からは、様々な刀剣などの鋳型も発見されたりもしているようです。全てのこのような武器が、戦いの場で使用されていたのではなく、一部の物は、儀式や祭事などに用いられていたのではないかなどとも考えられているようです。現代において私たちが日本刀などとして観賞をしたりコレクションしている日本刀が世の中に出現するのは、まだまだ先の時代となりそうです。

Categories: Uncategorized

備前国、相模国の刀工

5月 6, 2020 • admin

刀工と呼ばれる刀の作り手が現れたのは、平安時代の末期から、鎌倉時代の初期にかけてと言われています。作者を明確にできるようになった存銘作が見られるようになったのも、この時期からです。備前国には包平(かねひら)、正恒(まさつね)、友成(ともなり)、山城国には三条宗近、伯耆国では安綱などの有名な刀工が多く輩出されました。これらの人々は、日本刀工の系譜の始祖となったと言われています。ここから門人や子孫が他国にも移住するようになり、刀工集団として大きなものとして発展していきました。鎌倉時代に入ると武士の勢力が拡大しており、争いも耐えませんでした。自然と刀剣の需要が高まってきて、刀工たちもさまざまな工夫をして要求に応えてきました。当代には多くの名工が出現したために、刀工の間に自然と流派が定まってきました。作品は太刀だけではなく、薙刀や短刀も作られるようになったそうです。茎には作者の銘だけでなく、国名や居住地名、紀年銘を刻むことも多くなっていったと言われています。鎌倉時代の刀工は、有名なところから正宗を頂点とする相模鍛冶、正恒と友成を代表とする備前鍛冶が大きな二本柱とも言われています。相模国は新藤五国光、行光などの名工が世に出ましたが、反映の期間は非常に短いと言われています。肥前国は長船、福岡、吉井、和気など幅広い範囲で活動していました。特に福岡と長船の地では大きく活躍しており、平安時代の後期から室町時代に至るまでのおよそ数百年、刀剣の製作を続けてきたと言われています。これは備前国の北部で良質の砂鉄が採掘できること、吉川沿いでは炭や水を運ぶための交通が使いやすかったという好条件が揃っていたためとも言われています。

Categories: Uncategorized

日本刀の銘の説明と種類について

3月 19, 2020 • admin
所持銘というのは、所持者の名前を刻したものだそうです。殆どが刀工によって切られるそうです。注文銘というのは、製作の依頼者の情報を刻したものだそうです。刀工が自分自身の銘と同時に切り施すそうです。折返し銘というのは、大磨り上げの際に、銘を残すべく、その部分を裏面に折り返してはめ込んだものだそうです。額銘というのは、大磨り上げの際に、銘の部分を短冊形に切り取って、磨き上げた茎にはめ込んだものだそうです。朱銘というのは、朱漆で書かれた銘のことだそうです。刀の由来や伝承に因んだ号銘や、無銘刀に鑑定家が極めた銘を朱漆で書き入れたものだそうです。金象嵌銘というのは、金象嵌で記した銘のことだそうです。桃山時代以降、鑑定の職にあった本阿弥家が磨上げて無銘になった刀に鑑定銘を金象嵌銘を施したものが一般的だそうです。試し銘、裁断銘というのは、刀の切れ味を試して、その結果を金象嵌銘や切付銘で記録したものだそうです。彫銘というのは、銘文はタガネを連続的に切り込むことによって施すために、銘を切るとも表現するのだそうです。例外的には、江戸時代初期の繁慶一門のように彫鏨を用いて銘を彫り込んだものを彫銘というそうです。無銘というのは、銘文のないものをいうそうです。製作当初からない場合のものを生ぶ無銘というそうです。大磨上無銘というのは、大磨り上げによって、作者の銘が失われてしまったものだそうです。南北朝時代以前の長大な太刀を、戦国時代の以前の長大な太刀を、戦国時代に徒歩戦に用いるために、打刀に仕立て直したものが多いそうです。切付銘というのは、刀剣の作者ではなくて、のちの所有者などが切りつけた銘のことだそうです。
Categories: Uncategorized

日本刀の鑢目と銘などの種類について

2月 19, 2020 • admin
化粧鑢というのは、江戸時代以降に、茎の美観を高めるために各刀工が意匠をこらした鑢目のことだそうです。新刀と新々刀に限られているそうです。鑢の始まる部分にのみ施されるそうです。香包鑢というのは、化粧鑢の一種だそうです。装飾性がとても高められているものだそです。鑢の始まりの部分のみに、香を包む袱紗の畳み目おような鑢目を複雑に組み合わせてあるそうです。化粧鑢と同じように、新刀以降の大阪の刀工に多く見られるそうです。銘というのは、茎に刻まれてあ作者の名前や製作年月日のことをいうそうです。銘というのは、平安時代末期から一般化したそうです。作者によってはタガネの太さや銘の形は異なっているそうです。字体だけではなくて、たがねを切る方向やタガネを打ち込んだ際のタガネ痕の盛り上がり方、銘の奥底に生じた錆なども、鑑定の要素とされているそうです。太刀銘というのは、刃を下にして腰に佩いた状態で外側となる佩き表に刻された銘のことだそうです。一般に作者の銘が表になっているそうです。年紀が裏に施されるそうですが、例外も多いそうです。刀銘というのは、刃を上にして腰に差した状態で外側となる差表に刻された銘のことだそうです。一般的に作者の銘が表に、年記が裏に施されるそうです。江戸時代の肥前忠吉のような例外も多いそうです。表銘というのは、刀や太刀を腰に装着した場合に、外側になる面が表になるそうです。太刀の場合は佩き表、刀の場合は差表というそうです。この表側に刻まれた銘を表銘と呼んでいるそうです。ほとんどが作者の銘が施されているそうです。裏銘というのは、太刀や刀を腰に装着した際に、カラダ側となる面が裏となるそうで、ここに刻された名のことをいうそうです。
Categories: Uncategorized