Skip to Content

日本刀の歴史

12月 6, 2018 • admin

日本刀の歴史は、大陸から来た直刀から始まります。

直刀から反りのある湾刀(わんとう)へ移行したのは平安中期以降と考えられているそうです。一般的に10世紀前半の平将門と藤原純友の乱(承平・天慶の乱)以降とみられており、それ以前のものは上古刀と呼ばれ大陸より日本にもたらされた大陸の様式で作られた直刀です。

日本刀はその時代の戦闘様式の変遷とともに大きく変化してきました。その時代の合戦があるたびに、実用的効果をあげなくてはならなかったので、改良と工夫がなされてきたのです。

日本刀の制作は大きく分けて五カ国を中心としており、大和国、備前国、山城国、相模国、美濃国の五カ国です。この五カ国を明治以降「五ヶ伝」と呼ぶようになるのですが、それはこの五カ国を中心に名工が排出したからだそうです。

江戸時代になると新刀期になりますが、これに飽き足らず自ら学んだ伝法に他の伝法を合わせて新しい技法を編み出す人たちも各地に現れました。こういった人たちの技法は現代等にも受け継がれていっています。

上古刀というのは、反りのない直刀です。この時代の刀剣の資料は古墳から発掘されるものと奈良時代の正倉院御物の刀剣類があるそうです。

平安時代後期から、太刀、今私達が普通に見る刀が現れだしたそうです。刀剣の文化は発展してゆきますが、その後廃刀令が出されます。廃刀令から現在までの刀剣は現在刀と呼ばれるそうです。

廃刀令が出たことにより刀工達は職を失いましたが、明治時代に帝室技芸員に二名任命された人物がおり、鍛刀の技術は保護されたそうです。鍛錬技法は今日まで続いており、現代刀は特に鎌倉時代の太刀を写したものが多数鍛刀されているようです。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

Your email address will not be published.