Skip to Content

戦国期の傷痕を今に残す逸品

石田正宗は、秀吉の重臣石田三成が侃用したという 一振りである。制…銘ではあるが、その作風からおそらく名匠正宗の作であろうと伝えられ ている。その名に「切込」とあるの は実際に剣戟による切込が刀身に入つ ているためである。

三成は優秀な官僚であ ったが勇壮な武人というわけではなか った。二皮の朝鮮出兵においても三成は後方支援で活脱している。しかしこれが前線で消耗しながら武功をあげた七本槍の面々などから反感を招くこと となった。 ついに彼らは三成の屋敷を襲撃するが、事前に危機を察知し た三成は徳川家康の屋敷へと逃げ延びた。この襲撃の黒幕は家康その人 だったのだが、あえて三成はそこへ飛び込んだのだという。 家康は平静を装い、三成に好意的だ った次男の結城秀康に命じて三成 を居城の佐和山城へ送り届けさせた。この時の恩義に報いるために三成 は秀康に石田切込正宗を贈 ったと伝えられている。